Beauty

クレーターを改善

ニキビが治った後に肌がへこんでしまったら

ニキビの悩みは、本当に切実ですね。 ニキビ跡が出来やすい肌質は、皮脂が人よりも多いタイプです。 毎日洗顔していても、皮脂が多いと毛穴が詰まりやすく、炎症してしまうと、なかなか治りにくいことが問題です。 ニキビがやっと治ったと思ったら、シミのように茶色の跡が出来てしまったり、肌がへこんでクレーターのようになってしまうこともあります。 炎症したニキビが、肌の真皮の部分まで傷つけてしまうことで、出来てしまいます。 肌の表皮は、ターンオーバーによって回復ができますが、真皮はターンオーバーの働きがないので、へこんだまま肌に残ってしまいます。 このようなニキビ跡のクレーターが出来てしまった時は、スキンケアで治すことは難しくなります。 美容皮膚科へ相談することをお勧めします。

美容皮膚科で肌の治療をしましょう

美容皮膚科では、スキンケアでは治すことの難しい治療を行っています。 肌の真皮を傷つけてしまった場合には、肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンの再生を促す必要があります。 また、硬くなった古い角質を除去することも大切です。 ニキビ跡のクレーターには、ピーリングなどを定期的に行うことで、へこんだ部分が目立たなくなります。 美容皮膚科のピーリングは、市販のものと違い、濃度が高めなので効果は高いです。 ただし、濃度が高めということは、赤みが引くことに時間がかかるなどのデメリットもありますので、要注意です。 切実に、ニキビ跡のクレーターを治したい方には、美容皮膚科でのピーリングは最適な治療法ですので、お勧めします。