Beauty

クレーターの治療

レーザーなど様々な治療法

ニキビをつぶした後にできるでこぼこのニキビ跡のクレーターは、美容皮膚科クリニックに行けば綺麗に修正することができます。ニキビ跡の治療には、炭酸ガスレーザーやフラクショナルレーザーなどのレーザー治療、プラズマや光治療器による治療、ピーリングによる治療など様々な方法があります。また、ビタミンC導入、ハイドロキノン療法、ピーリング石鹸、サプリメントや内服薬なども有効です。 にきびを治すためのニキビ肌用クリームなどの外用薬は健康保険が適用できますが、ニキビ跡のクレーターを消すレーザーや光治療には保険が効かないのが一般的です。美容皮膚科クリニックでカウンセリングを受けたあとに好きな治療法を選ぶことができます。

医療機関でしかできない治療

アクネ菌用の洗顔フォームやローション、クリーム、パックなどニキビ肌用のスキンケアアイテムは沢山売られています。しかし、市販されているアイテムは効果に限界があります。医療機関に行けば医療機関でしか手に入らない高成分なニキビ肌用のアイテムが手に入るので、ワンランク上のホームケアができます。 レーザー治療をすればニキビ跡のクレーターのでこぼこを滑らかにすることができます。できてしまったクレーターを市販のアイテムを使ってケアをするのは不可能ですが、医療機関でならできます。また、ただニキビ跡を消すだけではなく、レーザーには皮下組織にある細胞を活性化させてコラーゲンを産生する働きもあるので若返り効果もあります。